かわいいおきゃくさま

オーストラリアは鳥大国です。
ペットショップで見るようなカラフルな鳥たちが町中でふつうに見られたりします。

相方宅のお庭にもたくさんの鳥が来ます。
人間を怖がっていないのか、割と堂々とお庭でくつろいでいます。

かわいいんですよね♪♪
写真右側の茶色い子はまだ子供、ピーピーと鳴いています。
今年は例年よりも暑い(気がする)オーストラリア。
スプリングクラーの時間前後になると鳥がやってきて、受け皿にたまったお水を飲んでいきます。

洗面所やトイレの小さな窓のヘリにも鳥が4~5羽ひしめき合ってとまっていることがあるのですが、何をしているのかな?と観察してみると、ガラスに映る姿を眺めているよう。ナルシスト?

あとね、クッカバラという肉食の鳥も近所に住み着いているんですが、先日このクッカバラが小型の鳥の赤ちゃんを捕食しているのを目撃しました。その手口がなかなか残酷でした。

日本の都会ではすずめ、はと、カラスくらいしか認識してなくて、目線のどこかに「かわいそう…」という気持ちしかなかった気がします。でも生き物って強いんだなぁ、ということをあらためて感じます。

その数日後、この一匹狼的なクッカバラが電線に停まっていたいたところを、小型の鳥が数羽で攻撃していたんです。仲間の敵討ち?クッカバラはすぐに逃げましたけど、小さい鳥も泣き寝入りしないんだな、と妙に感心した出来事です。

こうやって自然の鳥や動物や植物を見ていると、

「すきに生きていいんだ」

ってしみじみ思ったりするんですよ(^-^)

お読みくださりありがとうございます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存