夫婦のひとり時間

カテゴリー

腰痛で週末も動けないかわいそうな夫。

を、かいがいしくお手伝いする妻の私。

にちょっと飽きてきた。笑。

ってことで、車が運転できない私はバスのルートを調べて

バスでアクセスできるショッピングセンターにひとりでおでかけ。

このショッピングセンター、なぜか夫は嫌いで避けていたところなのですが、

布地屋さん、インテリアショップ、事務用日、家具、ホームセンターなど、

自力ではいけないお店が集まっていて、テンション上がる↑↑↑

今回一番の目的は夫の洗い替えのスウェットズボンを買うこと(地味だね)。

おしゃれでもなんでもない彼ですが、心地よさ&メンテンナンスのしやすさ、

という点からデザインに異様にこだわることがあり、

自宅用のスウェットズボン1本が半年ほどずっと買えてなかった。

手持ちの1本をケガしてから一日中はいてるから、さすがにもう1本いるよね。

動けない彼は私が買ってきたものをおとなしく受け入れるしかないよね。うしし。

人が決断したものの方が気楽に扱えるということってあるし、

はいているうちに愛着もってくれると思う。

ついでに欲しかった蒸し器も買った。

どうしても蒸し器で作りたいレシピがあったのです。

夫なら色々調べて決めるかもしれないけど、

私は「蒸し器で作った完成品」のイメージが先行するから、道具は正直なんでもよかったりする。

モノにこだわっているうちに「作りたい!」という気持ちと行動が消えてしまう方が嫌なので。

偶然ALDIというスーパーのセールになってて、15ドルくらいの二段式を買いました。

これ、なかなかよかった!

私は、目的があると決断も早いし、間違えることが少ない、ということを思い出した。

もうここ数年、女友達と出かける以外は週末ほぼ夫と過ごしてきたけど、

こうやって一人行動していると、自分の価値観がまたハッキリクッキリわかる。

ふだんは右に寄せたり左に戻したりして「ふたりにとってのおおむね真ん中」を

歩いている感じなんですけど、時には自分の感性だけに従って行動すると、

いつもとはちがったスピード感や達成感で満たされる。

とはいえ、夫が私と同じタイプだったら困るなぁ。

オタク&職人気質の夫の慎重さも私には必要なんだよね。

帰宅したら、夫は夫でなにやらいろいろやっていた様子。

心配する私がいないから逆にのびのびできたんだろうなー。

約4時間のひとり時間、お互い楽しめました。

チームとして夫と調和&調整する自分。

感性に従って決断&行動する自分。

どちらも大切にしていきたい、

そんな風に思った週末でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする