読書感想文:成功する人だけが知っている 本当の「引き寄せの法則」

カテゴリー

体調がイマイチだった先週末は読書するのにちょうどよく、日本から取り寄せたワタナベ薫さんの「成功する人だけが知っている 本当の「引き寄せの法則」」読みました。

「引き寄せ」について心のありようや、行動、考え方、などについて書かれてあり、学ぶところがたくさんある本だと思います。ひとつひとつの項目も役にたちますが、なにより「しあわせになるには、今、すでに幸せだと気づくこと」という意味あいの言葉、それが全てじゃないだろうか、と思いました。この真実に気づくかどうかで、人生は大きく変わりますね。

私自身は、「いま、もうこのままですでに十分しあわせなんだ」と実感したその日から、引き寄せとかスピリチュアルとか占いとかパワースポットというようなものは実は一切気にならなくなりました。今回は大好きなワタナベ薫さんの本だったので手に取ってみましたが。

その日を境にこころが穏やかになりましたし、悪いことが起こらない。毎日、今日が人生最良の日と思って過ごしているんですよね。振り返ってみると色んなものも「引き寄せ」てきたなぁと改めて思います。もちろん、ハッピーじゃない出来事もありました。そういったことすら、より夫や周囲の人への感謝が大きくなったり、自分を信じられるようにもなる切っ掛けになった。すべてが結果よい方向に転んでいる。

「引き寄せ」や「強運」が幸せを運んでくれるのではなくて、「いまある幸せに気づく」からこそ幸せな引き寄せができたり、なんだかツイてるなーってことが増えるのだと、実体験から思うのです。ニワトリが先か、卵が先か、でこんがらがって引き寄せ難民になってしまった人たちにシンプルな法則を今一度説いてくれるのがこの本。

支離滅裂な読書感想文になってしまいましたが、自分自身を振り返る切っ掛けにもなり、読んでよかったです。