今週は新しい月が始まる週なので、月曜日に手帳タイムをじっくり取りました。
職場近くのCafeで一週間&一か月分の作戦タイム。
ワクワクリストも更新します。


1週間や1か月を俯瞰してみてみると、パズルのよう。
パズルの目的は、「ToDo(やるべきこと)」をできるだけ効率よく固めて、「ワクワクリスト(やりたいこと)」の時間をできるだけまとまってとれるようにすること。

そうすると、この予定とこの予定を固めるといいな、とアイデアが出てくる。
今までどれだけ何気なく時間が過ぎ去っていったんだろう、と愕然とする。

例えば、友人と定期的に会う約束も、いつも先方任せだった。
彼の方が忙しくて、私は割と融通がきくから、という理由だったのですが、
今回は、ここに入れたい、という日があって、こちらから「〇日はどう?」と
連絡してみた。すると即「OK」の返事。
たったこれだけのアクションで私の予定が確定し、次のことを考えられる。
自分軸で予定を決めていくってこういうこと。
もちろん相手の都合がつかなければ調整しますけどね。
彼もいつも自分が予定を決めることがちょっと重荷だったのかもしれない、なんてふと思いました。

さて、ワクワクリストですが、108個どころか、その半分もなかなか埋まりません。
しかも、これ本当にワクワクか?とびみょうな感じのもあって。
で、先日アマゾンプライム会員向けの読み放題のところで見つけたこちらの本。

コンセプトはCITTA手帳のこちら▼の本と共通するところが多くて、とても参考になりました。

ズルいほど幸運を引き寄せる 手帳の魔力」にも夢を100個手帳に書いてみよう、というテーマがあるのですが、100個の夢の気づき方・見つけ方のヒントがありました。

①「うらやましい」から
②「すべてがうまくいくとしたら?」から
③「お金の制限がなければ?」から
④「過去、幸せに感じたこと」から
⑤「つらかったこと」から

詳しくは書籍をご覧くださいね。

この5つの角度から自分の心を探ってみると、いろいろ出てきましたよー。
まだまだ自分に正直じゃない自分がいますね。

手帳会議は自分と向き合う大切な時間。
楽しんで、続けていきたいと思います。