一流のひと

カテゴリー

仕事仲間の紹介で、ある道の一流の人とお会いしました。

私はプロと呼ばれる人に質問をするときは、その方のノウハウの価値を尊重するよう気を付けているつもりなのですが、一流の人はそんな次元とは別のところにいるのだな、と感じさせられました。

何を聞いても洗練された答えが常にある。
隠すことなくオープンで脱力している。
その方の習得してきたこと、極めたことは、私が持つ質問なんて足元に及ばない、もっともっと奥にあるんだな、という凄みを感じました。

プロと一流は違うんだ、と思いました。
その方は「無限に広がる」という感じ。
「ここまで」という限界がない。
うまく表現できませんが、線ではなく空間という感じ。
お金のことも全く気にしていなかった。
自分の技術で人を幸せにすることが一番の喜びのような感じでした。

プロとしてお金をもらうこと。
そのことは尊重しているし、まったく否定はしません。
私が目指しているのもそこです。
ただ、一流の方のスケールに圧倒されました。。。

ものごとを極めるには、、、

探求心を持つこと、
80%は努力(探求心に突き動かされる努力)
そもそも好きであること

その方がおっしゃっていたこと。
この言葉、大切にします。