先日、姿勢矯正のセッションを受けたときに、私の体がいろいろこじれていることがわかりました。

左肩が極端に下がっている
背骨が曲がっている(夫と同じ)、そのために右指に軽いしびれがある
左指のしびれと痛みは腱鞘炎が原因
足首が間違った角度に固定されている

などなど。両手のしびれはGPから「リウマチかも」と言われていたので、原因がわかってほっとしました。

それでまず言われたのが座るときの姿勢。
かかとをつけること
足を組まないこと
この二点。
足を組むと体がゆがむし、つま先をついて(かかとを上げて)座ると足全体にとても負担がかかるそう。

そして体のゆがみを5回のセッションで矯正してくださった。右手のしびれも完全にとれた!
そのおかげで今は「正しい姿勢」がしやすく、以前のように左ひじを机についていると即違和感。背中をまっすぐにして座る方が楽と感じるようになった。まさにこれ。

今の自分を変えようとしない。理想のイメージを持つ。

ただし、何十年もかけて悪い姿勢を覚えた筋肉は、元に戻ろう戻ろうとするから、時々メンテナンスをする必要があるとのこと。納得。たしかにセッションから10日ほどたった今、体が戦っている感じ。元に戻りたい(今ラクしたい) VS 正しい姿勢をキープしたい(将来ラクしたい)。
だからなんだかだるい。
このだるさに負けると、またもとに戻ってしまうんだろうな、と思い、正しい姿勢を忘れないように常に意識しています。

「健康になりたい」というモチベーションはやっぱりパワフルで、指摘された座るときの姿勢は初日からあっさり治りました。しばらくは無意識のクセで足を組みそうになるんですが「いかん!」となる。今は足を組みそうになることもありません。長年のクセもこんなに簡単に治るんだ、とびっくりです。

自分では当たりまえすぎてゆがみに気づかない。
こうやってプロに客観的に見ていただくこと、大切だなと思いました。